バンコクからホアヒンへ電車で行く方法。予約や値段について。

ホアヒン

バンコクからホアヒンへ電車で行ってみたので、予約の仕方から乗り方、車内の様子などを紹介します。

電車を予約

タイの鉄道は、こちらのサイト(thairailwayticket.com)から予約できます。

จำหน่ายตั๋วการรถไฟแห่งประเทศไทย - eTicket State Railway of Thailand

しかしここで見つかった便は、朝が早過ぎたり、夕方発で夜中着だったりと、ちょうど良い時間のものがありません。

そこで、こちらのサイト(12go.asia)でも探してみたところ、

12Go Asia: Book Trains, Buses, Ferries, Transfers & Flights
Best budget travel service for Thailand, Vietnam, Cambodia, Myanmar, Philippines, Malaysia, Singapore, India, China, Laos & more.

13:00発、17:15着の便が見つかりました。

ただし、エアコンなしです。

時期的(8月)に雨季で涼しいので、エアコンなしでも大丈夫でしょう。

家族4人で1608バーツ。(あとで、子供料金の差額102バーツは返金)

チケットの受取り

フアランポーン駅、1番出口を出てそのまま30m歩いた左側のDOBビルという建物の中に、12GOのチケットカウンターがあります。1時間くらい前に行くと安心です。

上の予約表を見せて(スマホ画面を見せればOK)、チケットを受け取ります。

なお、子供料金の、大人料金との差額分は、ここで現金で貰えます。

乗り場

MRTの終点、フアランポーン駅です。30分前くらいに行きましょう。

社内でも食べ物飲み物を買えますが、駅で買って持ち込むのもOK。

チケットに書かれたホーム番号と、車両番号から、目的の列車を探し、指定された席に座ります。

車内の様子

View this post on Instagram

#今日のオフィス #電車旅

A post shared by ひらたよしひろ (@yossy1009h) on

日本では見かけなくなった、扇風機の車両。風情があっていいです。

窓全開で行くと、風が気持ちいい〜。

バンコクを抜けるまでが意外と長いです。

社内では売り子さんがひっきりなしに来て、弁当やお菓子、ジュースなど買うことが出来ます。

Wifiはありませんが、AISの電波はずっと入っていたので、テザリングで仕事出来ました。

到着

風に吹かれて昼寝して、仕事しているうちに、目的地のホアヒンに到着です。

列車はホアヒンを過ぎて、更に先へ。

終点じゃないので、降り忘れると大変。ホアヒンに着く前に荷物の準備はしておきましょう。

※5分くらいは停車しています。

到着後

Grab TaxiやUberはいません。

駅前でタクシーを捕まえることになりますが、メータータクシーはいないので、声をかけてくるタクシードライバーと交渉です。

ホアヒンの交通の便は悪いですね。

電車以外の移動手段

レンタカーで行く

前回ホアヒンに行った際は、バンコクで車を借りていきました。

休憩入れて3時間半くらいかかります。

タイでレンタカーというと、ドライバー付きだったりするんですが、友人の車を借りていったので、自分で運転していったので、逆に気を使わないので良かったです。

その友人はレンタカーとしてやっているので、紹介できます。→お問い合わせ

リムジンバスで行く

スワンナプーム空港からリムジンバスが出ているので、通常はこれに乗るのが一番楽そうです。

空港ついたら、時間帯にもよると思いますが、予約なしでも乗れます。

乗り合いバンで

バンコク市内数箇所からは、乗り合いバン(ロットゥー)があります。

比較的早いし安いですが、トイレも無いので子連れだとキツイと思います。

まとめ

車系だと、バンコクの渋滞に巻き込まれると5時間以上掛かることもあるようです。

その点電車はある程度時間が予測できるし安いし、ゆっくりくつろいで、電車自体を楽しめるので良いですね。

一度は列車旅、おすすめです。

ただ、駅からホテルまでが結構遠かったりすると、結局レンタカーがあったほうが便利かもしれません。

ひらたよしひろ

旅するノマドワーカー11年目。2児の子を持つ働き方改革ブロガー。日本〜アジア〜世界を行ったり来たり。WEB制作・開発/飛行機/マイル/ホテル/ビール/ワイン/ドラム/料理/筋トレ。世界を旅しながら暮らせる働き方。
プロフィールTwitterInstagramFacebook

ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

ホアヒン
ひらたよしひろ.com