バンコクに住みたい人へ。ライティングのお手伝いで住居提供します【限定1名】

バンコク

今、バンコクに部屋を借りてるんですが、月に1週間くらいしか行かずほとんど空いているので、誰か使いませんか?という話です。

普通に家賃支払って貰って貸し出しするのも良いんですが、折角なので、僕の仕事のお手伝いをして頂く代わりに、無償で住めるというのはどうでしょう?(水道・光熱・通信費は実費)

お手伝い内容

作業としては、基本的には文章作成(メディアの記事作成)です。

作業スピードによりますが、1日4〜5時間程度でOk。午前に終わらせて午後はフリーとか。

スピードが早ければ、週5である必要も無いです。

残りの時間で、自分の仕事をするなり、語学学校行ったり勉強したり、観光するなり、遊んで暮らすなりはご自由にどうぞ。

近くに仕事出来るカフェやコワーキングスペースもあります。

↓徒歩3分のカフェ。

↓徒歩15分のコワーキングスペース。

【Wifi&電源&カフェ】バンコク最強コワーキングスペース2選【激安】
1)TCDC Bangkok(サパンタクシン)なかなかヤバいクオリティの施設だったので、紹介します。TCDCとは、Thailand Creative & Design Centerの略のようです。

求めるスキル

ブログが書ける程度のスキルがあればOKです。

※更にWeb制作や開発のスキルがあれば、別途、報酬の発生するお仕事をお願いすることもあるかもしれません。

パソコンは持参して下さい。

住居

場所はBTSトンロー駅から徒歩7〜8分程度の、中心街に近く、便利な場所です。

5階、エレベーターあり。

ベッドなど基本的な家具は備え付けであるので、すぐ住めます。

キッチンはありませんが、トンロー・プロンポン駅まで徒歩圏内だし、出前も呼べます。

コインランドリーあり。

テレビと冷蔵庫はなし。ドライヤーと電気ポットはあり。

湯船に浸かりたくなったら、温泉までタクシー10分↓(3kmくらいなので、歩いたことあります)

バンコク・プロンポンの湯の森温泉で二日酔いの身体を湯治。
先日の温泉→バンコク トンローの温泉Let’s relax spa(レッツリラックススパ)は最高の風呂であったの流れで、もう一軒の有名店、湯の森温泉にも来てみました。というか、2日前に飲みすぎて二日酔いで腰が重く、居ても立っても

ここの横に大きいスーパーもあります。

マッサージは1時間300バーツ(1000円くらい)でいくらでもあります。

期間

期間は1ヶ月以上無制限。

1ヶ月ごとに、お互いに状況を見つつ延長するかどうか判断しましょう。

人数

1部屋しかないので、限定1名。

※ただしベッドが大きいのと、スペース的にはもう一つくらいエアベッド置けるので、お友達や恋人同士なら一緒に住むこともできそうです。

※人が決まったら僕は住まないですが、荷物だけ置かせて貰うかもです。

コストについて

バンコクまで、往復航空券3万円台からあり。

現地の生活コストは1食150円くらいから。500ペットボトルの水が20円程度。

タクシー初乗り130円程度。30分乗っても1,000円程度

日本食が恋しければ日本と同じレベルのものが、日本と同じくらいの値段で食べられます。

バンコクは超都会です。

ビザについて

仕事ではないので、ビザなしからの観光ビザ切り替え、というような形になるかと思います。そのあたりはご自身の判断でお願いします。(やり方は必要なら教えます)

決断お早めにどうぞ

限定1名なので、興味のある方はお早めにどうぞ。決まリ次第、締め切ります。

お問い合わせはこちら

ひらたよしひろ
通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。 普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでも出来るため、月の半分は海外に行くような生活をしています。 ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。 プロフィールTwitterInstagramFacebook
ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

バンコク募集
ひらたよしひろ.com