wordpressの引越し|一番簡単なサーバ移行のやり方

IT

仕事の関係で月に1度くらいworpressの移転作業をやっています。

  • wordpressを別のドメインに載せ替えたい
  • wordpressを別のサーバに移転したい

なんてことが良くあります。

色んな方法があるんですが、最近僕が行っている一番簡単な方法をメモしておきます。

新しいドメインに引っ越すパターンと、同じドメインで別のサーバに引っ越すパターンの2パターンで説明します。

※ここではサーバBを、仮にXSERVERとして話を進めますが、他のサーバでも同様です。

新しいドメインに引っ越すパターン

まずは、新しいドメインに載せ替えるパターンです。こちらのほうがやや簡単。

ドメインA→ドメインBに載せ替え。

サーバもサーバA→サーバBに引っ越すこととします。

新しい環境を用意する

ドメインBとサーバBの環境を新しく用意し、wordpressをインストールしておきます。

All in one migration プラグインをインストール

All in one migrationは、現在のwordpressの設定やテーマ、プラグイン、ユーザ、投稿の情報などをマルっとバックアップ・リストア出来るプラグインです。

サーバA、サーバBともに、All in one migration プラグインをインストールします。

サーバAからデータエクスポート

All in one migrationの画面から、エクスポート>ファイルを選択します。

しばらく待つと、

ダウンロードリンク(緑の枠)が現れるので、クリックすると、エクスポートデータをダウンロードできます。

※このキャプチャの場合3GBとなっているので、このままではデータ大きすぎるので工夫が必要です。

サーバBにデータをインポート

新しいサーバの方のAll in one migrationから、インポートを選択。

しばらく待つと、、

インポートすると、全て上書きされるけど良いですか?と聞かれるので、PROCEEDをクリック。

インポートは以上なんですが、最後にパーマリンクの設定を上書きする必要があります。(これをしないとリンク切れなどが起きたりする可能性があるので、忘れずに対応しましょう)

Permalinks Settingsをクリック。もしくはサイドバーの設定>パーマリンク設定をクリック。

特に何もいじらず、「変更を保存」ボタンをクリックしましょう。これでパーマリンクの上書きも完了です。

ログインし直して確認

自動的にログアウトされたら、ログインし直して、諸々確認してみましょう。

投稿や設定など間違っていなければ、完了です。

ドメインA、サーバAを閉じる

そのまま閉じてしまっても良いんですが、SEOや今までのユーザのことを考えると、旧ドメインにアクセスしてきたものを301リダイレクト掛けて置くといいと思います。

サーバAの.htaccessに以下の記述を入れます。

RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^ドメインA
RewriteRule ^(.*) http://ドメインB/$1 [R=301,L]

こんな感じです。

サーバによって.htaccessが使えなかったりする場合もあるかも知れませんが、その場合は利用しているサーバ管理者に確認してください。

旧環境はしばらくこのままにしておいて、数ヶ月程度したら解約してしまっていいと思います。

以上で完了です。

同じドメインで別のサーバに引っ越すパターン

ドメインAはそのままサーバA→サーバBに引っ越す場合のやり方です。

新しい環境を用意する

サーバBの中に、ドメインAの環境を作り、wordpressをインストールしておきます。

その際、新しいサーバの方のwordpress画面見たくても、ブラウザでURLにアクセスして見えるのは、サーバAに置いてあるwordpressの画面です。

前述のAll in one migrationでインポートを行う際には、サーバBのwp-adminに入る必要があるので、どうすればいいかというと、、

XSERVERなんかだと、動作確認用URLというのを発行してくれるので、それを見るのも一つの手です。

本機能は、サーバーに設定された独自ドメインに対して、動作(表示)を確認するためのURLを追加する機能です。
こちらの機能を利用することにより、サーバー移転時のネームサーバー切り替え前に、該当ドメイン領域にアップロードしたホームページの表示を確認することができます。

動作確認について | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|サーバー移転作業に際して、ネームサーバーの変更前に動作・表示を確認できる「動作確認URL」機能とhostsファイルの編集方法のご案内です。

Hostsファイルを設定する

一般的にはこちらのやり方になるでしょう。

「ドメインAでアクセスすべきサーバはサーバAである」というのはドメインAのDNSレコードで設定されているため、ドメインAにアクセスすると、世間一般の人はサーバAに誘導されるわけですが、Hostsファイルをいじると、自分だけはサーバBを見に行く、ということが出来ます。

Hostsファイルは/private/etc/hosts(Macの場合)にありますが、もっとお気軽にGUIで作業する環境設定のツールがあります。

Hosts.prefpane

PermanentMarkers
Software by permanentmarkers.
specialunderwear/Hosts.prefpane
Hosts.prefpane - a Cocoa GUI for /etc/hosts

の、Download ZIPをクリックし、ダウンロードしたらインストールします。

環境設定パネルに「Hosts」の項目が出来ています。

設定方法は、IPアドレス+ホスト名です。

つまり、仮にサーバAが100.100.100.100というIPで、本来、何も設定しないとそこに誘導されるところ、サーバBのが仮に200.200.200.200だとすると、

200.200.200.200 サーバBのホスト名

という設定をすると、自分だけは、ドメインAのURLをブラウザで見ると、サーバBにアクセスできます。

サーバAからデータエクスポート

一旦Hostsの設定は切っておき、サーバAから、All in one migrationでデータをエクスポート。先程全く一緒です。

サーバBへデータインポート

ここでHostsをオン。該当のレコードのチェックボックスをチェックすればOK。

表示がサーバAから切り替わらない場合は、キャッシュされているかも知れません。

しばらく待つか、ブラウザを変える、シークレットウィンドウで開く、などすると、Hostsが反映された状態でサーバBが見えると思います。

あとは、先程の手順と同じようにインポートするだけです。

パーマリンク設定も同じように行いましょう。

DNSレコード設定

チェックなど全て完了したら、最後にドメインの設定でDNSレコードを切り替えます。

サーバAとサーバBで会社が違えば、ネームサーバごと切り替えるのが楽です。

サーバBがXSERVERなら、ネームサーバの設定はこの通り。

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

ネームサーバは別のサーバを使う場合は、Aレコードを向けるだけでも良いでしょう。

注意)旧サーバでメールアドレスを利用していた場合、新サーバには反映されないので、予め登録して置きましょう。そうしないとDNSの向きが変わった際に、メールが届かなくなります。

難しかったらご相談下さい

僕はwordpressの割と黎明期からwordpress案件に携わっています。
(当時ブログシステムと言えば、NucleusやMTなんかもありましたね)

wordpress移転やカスタマイズなど、worpdressに関する業務を多数行っているので、

→ お仕事のご依頼・ご相談はこちらからからどうぞ。

wordpressサイトにおすすめのレンタルサーバ

最後に、僕がこれまで数十と(100以上かも)wordpressを使ったサイト構築に使ったサーバの中で、おすすめなサーバを紹介しておきます。

XSERVER(エックスサーバー)

いくつかレンタルサーバサーバを使って来ていますが、安い、早い、安定と3拍子揃ったXSERVER



■エックスサーバーの特長

運用サイト数は150万件を突破! コストパフォーマンスに優れたサーバーとして 多くのお客様にご好評をいただいております。

エックスサーバーは高速・多機能・高安定性のそれぞれの観点において、
下記特長を備えています。

▼ 高速サーバー

  • 高速性を重視し、最新24コアCPU(Xeon Goldシリーズ) +256GBメモリ+オールSSD RAID10を採用!
  • 総計912Gbpsの国内高速バックポーン!(2018年5月現在)
  • FastCGIやキャッシュモジュールに対応!PHP高速化や負荷軽減を図ることが可能!
  • 高速Webサーバー「nginx」に対応!
  • 「HTTP/2」対応でWebサイトを高速表示!

▼ 充実の多機能

  • 月額900円(税抜)から、大容量200GBからの高コストパフォーマンス
  • マルチドメイン・メールアドレス無制限!
  • 独自SSLを無料で利用可能!
  • 操作性を重視した簡単操作のサーバー管理ツール!
  • PHP7などの幅広い言語に対応!
  • SSHやcronによるコマンド、プログラムの実行も可能!
  • WordPressやショッピングカートを簡単インストール

▼ 高い安定性

  • 安定のサーバー稼働率99.99%以上
  • お客様データの消失を防ぐ、自動バックアップ機能を標準提供!
  • 初心者でも安心の24時間365日メールサポート!
  • 電話サポートあり!専任スタッフがご対応いたします

太字で書いたところが特におすすめですね。

XSERVERは、同じ共有サーバ内に、もしリソース食いの同居者がいたりして、動作が重いと感じたりした場合、別のサーバにサクッと乗り換えることが出来たり、スペック違いのプランの変更も簡単なので、まずは最安プランで契約しておいて、状況に応じてプランを変更する事が可能です。

いくつかサーバレンタルしていますが、XSERVERは主力の1つです。

法人向けのプランもあるので、法人ユースも安心です。

公式サイトはこちらからどうぞ。

逆に、このサーバは絶対やめたほうが良い!というのもいくつかあるんですが、ちょっとここに書くのもなんなので、知りたかったらこっそりお教えします。

ひらたよしひろ
通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。 普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでも出来るため、月の半分は海外に行くような生活をしています。 ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。 プロフィールTwitterInstagramFacebook
ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

IT
ひらたよしひろ.com