飛行機ノスタルジー

飛行機の離着陸時に、ノスタルジックな気分になるのはなぜなんだろう。

年間数十回飛行機に乗るのに、いまだに毎回感じる感覚。

眼下に見える、知らない家に住む人々の生活や歴史を想ったり。

雲海と流れる雲と、雲間から差す夕陽の光線を見たり。

同じ場所にいると飽きるタチなので、移動は好きなんだけど、移動する時はなぜかもの寂しい。

何か特定の思い入れがある場所とか、人と別れるとかそういう事がなくても感じる。

離れるのが嫌なのか、到着するのが懐かしいのか。

View this post on Instagram

#airplane #cloud

A post shared by ひらたよしひろ (@yossy1009h) on

もしかしたらそれを感じたくて、飛び回っているのかも知れない。

ひらたよしひろ

旅するノマドワーカー11年目。2児の子を持つ働き方改革ブロガー。日本〜アジア〜世界を行ったり来たり。WEB制作・開発/飛行機/マイル/ホテル/ビール/ワイン/ドラム/料理/筋トレ。世界を旅しながら暮らせる働き方。
プロフィールTwitterInstagramFacebook

ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

ひらたよしひろ.com