カンボジア プノンペン空港から市内・リバーサイドまでは路線バスが安いのでおすすめ。

プノンペン

前回カンボジアのプノンペンに来た時に、空港から市内まで路線バスを使ったんですが、そのことについてブログを書いていくのを忘れていたので、今回はちゃんと記録しておきます。

バス停の場所

空港駐車場を抜けて、大通りまで出たら、道を渡らずに道路沿いに歩いて行きます。

バス停まで歩く間にトゥクトゥクの運転手が声をかけていますが、値段が高いので無視していきましょう。

どうも記憶と様子が変わっていて、「これホントバス停なの?」という感じのものになってましたが、バスを待っている人が他にもいるので、バス停であることには変わりないようです。

なぜかベンチが骨組みだけになってお尻が痛いです。カンボジアクオリティ。

通常20分間隔ほどでバスが来ます。

路線バスの料金

バスに乗るのに必要な代金は1,500リエル。約40円程。

もしドルしか持ってない場合は、あらかじめリエルを用意しておくと良いでしょう。

空港の建物を出てすぐ右側にカフェがあるので、コーヒーを一杯飲み、そのお釣りの1ドルをリエルに変えてくれとお店の人に言うと、両替してくれます。1ドル4,000リエルでした。

ちなみにこの路線バス、1,500リエルでどこまででも乗れるそうです。

バスの乗り方

市内中心地に向かうのは、3番と書かれたバスです。

バスに乗ったら1,500リエルを箱に入れます。

先ほど書いたように、お釣りは基本的に無いと思っておきましょう。

バスの車内の様子

バスは新しく、エアコンも効いてるので、快適です。

降りたい場所は、google mapで確認しつつ、近くに来たらボタンを押しましょう。

今回はセントラルマーケットで下車しました。

空港から市内へは路線バスがベスト

値段交渉をする必要も無く、ぼったくられることもなく、安全で、涼しく、激安。良いことずくめです。

最悪、リエルがなくても1ドルです。(トゥクトゥクやタクシーの1/5〜1/10程度)

帰りの空港行きも、是非バスでどうぞ。

ひらたよしひろ

旅するノマドワーカー11年目。2児の子を持つ働き方改革ブロガー。日本〜アジア〜世界を行ったり来たり。WEB制作・開発/飛行機/マイル/ホテル/ビール/ワイン/ドラム/料理/筋トレ。世界を旅しながら暮らせる働き方。
プロフィールTwitterInstagramFacebook

ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

プノンペン
ひらたよしひろ.com