タイでの銀行口座の作り方

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 


この記事はオンラインコミュニティFREE WILLに書いた記事の転載・追記です。

→FREE WILLについてはこちら


バンコクに口座を作りたいという人の相談。

バンコクに口座作って、日本で引き出したいという人からの相談がありました。

数年前に僕もバンコク銀行で口座を作りましたが、非居住者の口座開設って年々厳しくなるもので、旅行者が今でも作れるかどうかが不明でした。ネットの情報だと出来るとか出来ないとか…。

そこで、バンコクに詳しい知人に確認した所、2018年現在、今でもいけるとのことです。

あとは、日本で引き出せる限度額、というのがいくらなのかはわからないので、僕が実際銀行行って聞いてこようと思います。

 

免許証のコピーと英訳を用意

タイで銀行口座を作るには、事前に、バンコクの日本大使館に行き、免許の英訳書類を作っておきます。

日本大使館の場所はこちら。

MRTのルンピニ駅から歩けます。
BTSならフェロンチットからタクシーがいいかと思います。

持っていくものは、

  • パスポート
  • 免許証
  • 免許証のコピー
  • 現金670バーツ

窓口で「運転免許証抜粋証明」の申請をして、即日発行されます。(時間は込具合によるようです)

バンコク銀行のシーロム本店で

シーロムにあるバンコク銀行の本店で可能です。

窓口は日本語の流暢なお兄さんとお姉さんがいるので、安心です。

再発行などで何回も行きました。

カードや通帳を無くしたら

こちらの記事に書きましたが、シーロムのバンコク銀行本店なら日本語で。それ以外の支店なら英語で対応可能です。

タイのATMは、お札→カードという順番で出てくるので、カードを置き忘れしやすいので注意して下さい。

カードは、一定時間でATMの機械の中に飲み込まれます。

バンコクで通帳と免許とキャッシュカードと現金を失くす男。タイで銀行と警察に行く


この記事はオンラインコミュニティFREE WILLに書いた記事の転載・追記です。

→FREE WILLについてはこちら


 

著者プロフィール

ひらたよしひろ

通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。 普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでも出来るため、月の半分は海外に行くような生活をしています。 ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。

お知らせ

オンラインコミュニティ始めました

Facebookグループで、ブログに書けない話や、今取り組んでる具体的な案件、これまでやって来た事、失敗談、やりたいけどやれていない案件、ビジネスに繋がったら良いな、的な話を非公開で書いています。

FREE WILLコミュニティ

このグループは、「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」です。

主催者は、ひらたよしひろ、守岡裕志、ショールかおりの3人。

メンバーのみなさんも自由に投稿、コメントしてください。それぞれの好きや得意が交わってビジネスが「アイデア」から「カタチ」になっていったら面白いと思っています!

ブログ読者の方との双方向の交流や、コラボレーションが出来たらいいなと思っています。

とはいえ、参加して発言する必要など面倒なことは一切ありません。
無言参加、無言退出全然OK。

海外オフ会なんかもやれたら良いですね。

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

→詳しくはこちら