乳飲み子を抱えて路頭に迷ってもなんとかなる話

コラム

転職、在宅勤務〜独立に至る自分史。

通勤電車が嫌いで独立しました、と書いたけど、だからと言ってすぐに独立したわけではなく、色々と段階もありました。

(写真は2009年当時の自宅デスク)

在宅勤務への転職

もう15年くらい前になりますが、ある会社でWEBデザイナーとして働きつつ、転職先を探していたところ、当時はまだ珍しかった、在宅勤務可の会社を見つけました。

世間で始まったばかりの、Flash広告を作るデザイナーの募集。

ちょうど、業務の空き時間に、最新のFlash4〜最新の5の勉強をしていたので、そのスキルをもってして応募し、合格。

無事転職に成功し、在宅勤務の体制になりました。出勤は週に一度の打ち合わせのみ。

新しいスキルを身に付ける

その会社は小さいベンチャーだったので、その後、デザイナーとしてだけではなく、志願してプログラミングやサーバ管理までやらせて貰えたので、WEB制作のほぼ全ての工程を1人で行えるようになりました。

(なので、今でも、デザイナーなのかプログラマなのか、職種は答えにくいです)

プログラミングは性に合う

プログラミングに興味を持ったきっかけは、Flash5のAction Script。前職でも本職プログラマさんから時間外に個人的にCを習ったりもしていました。

合理化が好きなので、手動で書く日報とかのルーチンも、プログラム組んで楽したりしてました。

面倒な事は機械にやらせりゃいい。

楽器を練習するのと同じく、作る時は熱中するので、気づいたら同じ姿勢で8時間経ってるとかは割とよくありました。

電車から自転車へ

その会社も、体制が変わり、途中から通勤あり、になってしまいましたが、電車はキライなので、通勤は基本的にロードバイク(片道10km)です。

これも、特に許可されたわけではないけど、むしろ遅刻しないし、誰にも迷惑かけないし。もし事故っても会社訴えたりしないし。

副業しても大丈夫

この頃は、あるWEBスクールで非常勤講師もしていました(Studio8とか教えてた)。本業の方は基本副業禁止だったけど、勤務時間外に何をしても自分の自由だと考えていたのでダマでやってました。

もし副業がバレたからといって、クビになるとは思えないし。だって、戦力がいなくなるのは会社にとって困るはずなので。

その後、その会社の社長には正直に申告した所、逆に給料あがりました。

人前で喋ったりと言うのもココで鍛えられたかも。

教えるのも割と好きでした(相手がやる気がある場合に限る)。

あと、一生に一度くらい「先生」と呼ばれてみたかった。

転職を考えるが…

リーマンショックあたりでその会社も去ることになり、次はどうしようかなと考えていました。

その以前に、サンマイクロシステムズ主催の、Mushup Awordという、プログラミングのコンテストがあって、業務の合間を縫ってそれ用に制作物を作り、個人として応募したところ、面白法人カヤックさんから、カヤック賞と言うのを頂きました。

そのコネを引っ張り出して、カヤックに転職活動をするか、他に探すか、フリーランスになるか。

カヤックは良い意味でフザケタ会社で、当時はまだ人数も少なく、物凄く興味があったんですが、鎌倉と言うのが遠い。通えないので諦めました。

3ヶ月でフリーランスの道に

会社都合で退職したため、失業保険を貰える3ヶ月間で、道を決める必要がありました。

その間に、知人のツテで紹介して貰ったある会社の、システムサポート役として業務委託契約を取れたので、それを足がかりにフリーランスになることを決意。

当時、上の息子が、まだ1歳になっていないくらいなので、なかなかチャレンジャーだったな、とは思います。

ただ、もしダメだったら転職すれば良いや、くらいの、なんとかなる精神で。

何より、1人で全ての制作が出来たので、独立しやすかった、と言うのがあります。

営業はした事なかった

独立して最初の仕事である、業務委託契約先では、あるWEBシステムの導入サポートなんかをしていたので、割と営業的な事を最初はやってました。

ここで、それまで営業と言うのをしたことがなく、名刺交換なんかも殆ど経験がなかったんですが、その辺りを鍛えられることになります。これも良い経験に。

その後、1年で法人化しました。

2009年4月。

法人化する程儲かっていたという訳ではなく、法人化した方が看板が出来て営業しやすいと考えたため。

実際、肩書なんて下らないと思うけど、色々な場面で役に立つことが多い。

あと、一生に一度くらい「社長」と呼ばれてみたかった。

まとめ

  • 色々と興味と疑問を持つ
  • 失敗してもいいのでチャレンジはしてみる
  • 空き時間は勉強する
  • ルールはそんなに守らなくても大丈夫
  • 人生なんとかなるので踏み出してみる

スキル習得は、個人的に興味があったからやっていただけだけど、与えられた仕事をするだけではなく、周辺の学習はしておくもんだなと。勤め人なら給料上がるだろうし、何にしろおすすめ。武器さえ持てば主導権握れる。

なんとかなるので自分の思うようにやる(やりたくないことはやらない)がよろし。

ひらたよしひろ

旅するノマドワーカー11年目。毎月海外に行ってリモートワークしてます。世界を旅しながら暮らせる働き方教えます。

WEB制作/システム開発/飛行機/マイル/ホテル/ビール/ワイン/ドラム/Vespa/ロードバイク/筋トレ/子育て

プロフィールTwitterInstagramFacebook

ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

コラム
ひらたよしひろ.com