ScanSnap iX100であらゆる書類をスキャンして断舎離しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

年末で色々と断捨離してる中で、家に紙が溢れてるなと気づきました。

普段、仕事柄ほぼ全てのデータのデジタル化をしていて、データはどこからでも取り出せるようにクラウドに置くようにしているんですが、紙は一方的に送りつけられてきたり、打ち合わせ時に資料として貰ったりで、いつの間にか溜まってしまうものです。

紙で持っていたら、場所にとらわれてしまう上に、相当整理好きの人じゃないと埋もれてしまって、結局アレどこにあるんだっけ、ということになるでしょう。

とにかく、紙を捨てたい!

そこで、ScanSnap。

いくつか種類があるようですが、僕が購入したのはiX100というモデル。

富士通 スキャナー ScanSnap iX100-B (A4/片面)何と言ってもこのサイズ。

片手で持ち運べます。充電式で、Wi-Fiで接続するので無線で使えます。

充電はAndroidの充電と同じUSB規格です。

パソコン要らず。Evernoteに自動同期。

このスキャナが気に入ったのは、パソコンやスマホに接続することも出来ますが、これ単体でクラウドにデータをアップロードしつつ、Evernoteにデータを保存してくれるところです。

Evernote(エバーノート)は、ノートを取るように情報を蓄積するソフトウェアないしウェブサービスである。パソコンやスマートフォン向けの個人用ドキュメント管理システムとも言える。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Evernote

Evernoteに同期することで、スキャンした画像の中に含まれるテキストデータを、コンピュータが解析(OCR)して、あとでテキスト検索できるようになる、というとんでもないメリットがあります。

つまり、このスキャナで書類を読み込む→自動でEvernoteに保存される→必要な時にスマホからでもパソコンからでも検索できる。

読み込んだ紙は、大事な書類以外は捨てます。断捨離断捨離。

自宅にプリンタ・スキャナ複合機もあるんですが、こんな便利な使い方はできませんね。

ScanSnapの使い方。

初回に、wifiの接続、ScanSnapのクラウド保存、Evernoteの同期、なんかをやります。

iPhoneやスマホのアプリなどから、簡単に設定できます。

給紙トレイを空けると勝手に電源がオンになります。

排紙トレイも開けます。

ライトが虹色になれば準備完了。

読み込みたい書類を突っ込んでボタンを押します。

ギュイーンと吸い込まれること1秒程度。すぐ終わります。

動画で見るとこんな感じ。

ボタンを押すまで、連続で読み込むと、それは複数ページを内包した一つのPDFファイルとなってくれます。

読み込み終わったらボタンをポチ。

すぐEvernoteに連携して、アップロード完了を知らせてくれます。

Evernote側はこんな感じ。

基本的にはDocumentの中に格納されますが、レシート系は勝手にReceiptsに保存されます。凄い。

レシート読み込みはこんな感じ。

なお、名刺を読み込んだら、Cardsというところにに自動保存されるようです。
(僕の場合名刺はeightで管理してるので使わないですが)

https://8card.net/

もっと早く買っておけば良かった

むやみに届く葉書などの紙のお知らせや、郵便物、レシートなんかを、片っ端から読み込んで、すぐシュレッダーかけて捨てる。

モノは無くなるけど、データで残るので困らないどころか、検索出来るので扱いやすい。

小さいので、打ち合わせ現場にも持ち運んで、貰った資料をその場でスキャンしてしまい、紙は辞退すればスッキリ、環境にも優しいですね。

は〜気持ちいい。

ちなみに、Evernoteではなく、Dropboxなどにも同期できるようです。

…と思って今調べてみたら、まてまて。名刺はeight、レシートは会計ソフト、写真はgoogleフォトなどと同期できるだと…。すごすぎ。

「ScanSnap Cloud」とは、コンピュータやタブレット、スマートフォンを使わずに、様々なクラウドサービスにスキャンデータを直接つなげるサービスです。

スキャンした原稿を「レシート(領収書)」「名刺」「文書」「写真」の4つの種別に自動的に判別し、お客様がご利用するクラウドサービスに振り分けて保存します。

http://www.pfu.fujitsu.com/imaging/scansnap-cloud/

やってみたら出来ました。

僕の場合、レシートは仕事用プライベート用が混在なので、freee同期はさせずEvernoteに設定しましたが、個人で家計簿つけてる人には最高かと。

生活変わるわ、これは未来だ。

著者プロフィール

ひらたよしひろ

通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。 普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでも出来るため、月の半分は海外に行くような生活をしています。 ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。

お知らせ

オンラインコミュニティ始めました

Facebookグループで、ブログに書けない話や、今取り組んでる具体的な案件、これまでやって来た事、失敗談、やりたいけどやれていない案件、ビジネスに繋がったら良いな、的な話を非公開で書いています。

FREE WILLコミュニティ

このグループは、「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」です。

主催者は、ひらたよしひろ、守岡裕志、ショールかおりの3人。

メンバーのみなさんも自由に投稿、コメントしてください。それぞれの好きや得意が交わってビジネスが「アイデア」から「カタチ」になっていったら面白いと思っています!

ブログ読者の方との双方向の交流や、コラボレーションが出来たらいいなと思っています。

とはいえ、参加して発言する必要など面倒なことは一切ありません。
無言参加、無言退出全然OK。

海外オフ会なんかもやれたら良いですね。

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

→詳しくはこちら