風呂敷で旅して 〜3wayPCバッグと共に〜

新しい境地に達したかも知れない。

今まで色々な旅装備を試しだ挙句、最近はこのスタイルで旅してました。

色々試した旅行バッグ完結編。スーツケース派vsリュック派に終止符を打つベストな選択肢は3way

しかし、またそれはそれで不便に思うことも出て来ました。

旅ミニマリストを目指す

そこで、新しい装備は3wayPCバッグ+風呂敷再び。

3wayPCバッグ

最も重く最も使用頻度の高いパソコンやデジタルガジェット系を3wayバッグに。

ビジネス リュック バッグ 3WAY 手提げ ROMOSS USB 充電ポート PCパソコン バックパック メンズ レディース 通勤 出張 多機能 BP01 Black

形が薄くてかっちりしてるものが好きなのでこれにしてみました。リュック、バッグとして使えます。

バッグの外にUSBの口がついていて、充電できるのが便利なんじゃないかなと。

普段はリュックとして背負い、飛行機の中ではベルトが邪魔なのでしまってバッグスタイルにします。

風呂敷

服だけのためにスーツケースを持ち運ぶ必要が無いので、風呂敷。ペラペラなので重さはほぼゼロ。

以前、風呂敷オンリーで旅したこともあって、PCや充電器など頻繁に取り出すものが大変だったのでボツったけど、このPCバッグ+風呂敷方式ならあり。

風呂敷の中は服なので、ふわふわ。機内ではクッションとして使えるでしょう。

なお、風呂敷ハンドというグッズを使うと、こんな持ち手をつけることも出来ますよ。

【リュウコドウ】 風呂敷ハンド“ちりめんミニ風呂敷ハンド(色・柄アソート)” 33-910 日本製

総重量

すべての荷物合わせても、まさかの5.66kg。

今回は、珍しくネックピロー持って行きますが、普段は不要(空気入れるやつもあり)

PCバッグは背負ってしまえば重さを感じないし、形も薄いのでじゃまにならない。

風呂敷は和な感じでかわいいし、軽く、ホテルで結び目をほどけば、敷物となって服が全て一覧出来る上に、汚れたら洗濯も簡単。

ちなみに、服は洗濯するので、何泊になってもこれだけで行けます。