【LCC】機内持ち込みの手荷物の重量は7kgまで

ベトジェットおすすめ話を書きました。

ベトジェットエア安いしCAさんの制服がカワイイし
バンコクからチェンマイへのフライトは、タイ航空、ノックエア、タイライオン・エア、エア・アジア、バンコクエアウェイズなどがありますが、個人的にベトジェットおすすめです。ベトジェットのおすすめポイント安い下手すると往復で5,000円

一つ注意点として、ベトジェットエアはLCCなので、持ち込み手荷物の重量制限がシビアであるということ。

無料持ち込み手荷物は7kgまで

プランにもよりますが、ベトジェットは基本7kgまで。

  • Eco、Promo…7kgまで。預け入れは無し。
  • SkyBoss…10kgまで。預け入れ30kgまで。
baggage-service - baggage-service - VietJetAir.com - Enjoy Flying!
VIETJET, VIETJET AIR, VIETJETAIR, hang khong noi dia gia re, thanh pho ho chi minh, da nang, ha noi

LCCの会社によって違うですが、「7kgまで」というのが、「7.99..kgまで」というパターンと、「6.99..kgまで」というパターンがあります。

ベトジェットの場合は「6.99..kgまで」つまり、7kgを超えたらダメよ、という形ですね。

なお、7kgを超えた場合や、預け入れしたい場合は、別途料金を払えば大丈夫です。

が、ビタイチ払いたくない場合は何とかして7kg以内に収めてしまいましょう。

7kgまでに抑える裏技

今回、お土産や頼まれたものを運ぶため、8kg以上の荷物を持っていたため、チェックインカウンターに並ぶ前に重量調整をしました。

簡単に言うと、「荷物に入れずに、身につけてしまう」です。

捨てられるものは捨てる

頼まれたおみやげのパッケージなど、不用品は捨ててしまいます。最悪、消耗品で現地で買えるようなものも最悪捨てます。

着れるものは着る

ズボンなど重い系のものや、上着は全部着ます。重ね着。

ポケットに詰め込む

バッテリーや充電器など、重量物は着た服に入れてしまいます。最終的にフードの中にも放り込みます。

お腹に入れる

大物であるMacBookは、お腹に挟みます。ノートPCだけで1kgは減量いけるでしょう。

重量確認

Keepjoy 旅行はかり 荷物測り ラゲッジチェッカー ベルト式吊り下げデジタルスケール 風袋引き 機能 温度計付き 液晶ディスプレイ 小型軽量 最大50kg

持ち運べるラゲッジチェッカーがあると便利です。

吊り下げて重さを量るタイプです。

値段も1000円もしないので、一つ持っておくと良いでしょう。

無事通過

空港カウンターチェックイン時に、持ち込み手荷物の重さを測り、特に何も言われなければOK。

この後、セキュリティチェックがあるので、PCやポケットに入れた物はまとめておきましょう。

厳しいところだと、登場前に再計量があるところもありますが、スワンナプーム空港の国内線は特にありませんでした。

もしある場合は、再度装着→機内でリリースしましょう。

※言うまでもないですが、自己責任でお願いします。

↓こんな商品も面白い。コートに収納しまくるというアイディア。

LCC利用時のおすすめ装備

↓リュック+風呂敷。そんな話を書いています。

風呂敷で旅して 〜3wayPCバッグと共に〜
新しい境地に達したかも知れない。今まで色々な旅装備を試しだ挙句、最近はこのスタイルで旅してました。↓しかし、またそれはそれで不便に思うことも出て来ました。↓そこで、新しい装備は3wayPCバッ

 

ひらたよしひろ
通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。 普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでも出来るため、月の半分は海外に行くような生活をしています。 ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。 プロフィールTwitterInstagramFacebook
ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

ひらたよしひろ.com