ひらたよしひろ.com

バンドマンはWEB制作も出来た

約 3 分
バンドマンはWEB制作も出来た

幼稚園からエレクトーンを習い、小学校でブラスバンド部に入り、高学年でエレキベースを買ってもらい、高校生からドラムをやっています。

家族もそんなのだったので、音楽の仕事ってのが将来やりたいことなんだと思ってました。

大学でも、講義はほぼ受けずに、バンド(と酒)三昧。

卒業後も、オーディション受けて某レコード会社にしばらくいたこともあったし、某アーティストのレコーディングに参加したりなんかもしてました。




二足のわらじ

その頃から、WEB制作の仕事もしてました。当時20代前半。

ひょんなことからDTP(印刷物を作る仕事)のスクールに行って、PhotoshopやIllustratorなどを覚えた矢先、友人から声がかかって、あるWEB関連会社でバイトで働き始めたわけです。

その少し前に兄から貰ったLC630で、プレステのゲームソフトの耳コピ打ち込みの仕事をしたのがMacに触ったきっかけです。

音楽で毎月コンスタントに10万円でも稼ぐのはとても難しいし、そもそも仕事で音楽やると色々な意味で楽しくないし。

結局今は、音楽は趣味で。WEB制作は仕事で。ということになりました。

今思えばあの時、WEB業界に行って良かったなーと思います。

その頃も、ライブ当日リハ中にも、地下のライブハウスの中でノマドしてました。

余裕で10年以上前だなあ。iBookで。逆にスタバがそんなに無かった。

“意識高いカフェノマドワーカー”という現在の世間的イメージな感じじゃなく、ただの”〆切に追われるパソコンオタク”という感じです。

バンドマンはIT屋に向いている

ところで、楽器をマニアックに突き詰めるバンドマンのオタク気質は、デザイナーとかプログラマに向いてると思います。

細かいことが気になる性格じゃないと上達しないし、反復訓練的なものも突き詰めるし。

個人的には機材にこだわるのはダサいと思う派(弘法筆を選ばずが一番かっこいい)なので、あんまりコックピットのように武装するのは好きじゃないです。だから身軽。最近はiPhoneで仕事してるし。

バンド界隈でよくいる、機材マニアで演奏力が伴わないよう人は、同じように仕事もハッタリだけでそれなりなんじゃないのかなー。なんて穿ってしまいます。まあ人の事は良いけど。

まとめ

  • バンドマンなど夢追い人は、潰しの効く仕事しながらが良いよ
  • バンドマンはIT系おすすめ
  • 好きな事は仕事にしない方が良いかもね




にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

無料オンラインコミュニティ”FREEWILL”やってます。

このグループは、「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」です。お気軽にどうぞ。

詳しくはこちら

関連コンテンツ



About The Author

ひらたよしひろ
旅するノマドワーカー11年目。毎月海外に行ってリモートワークしてます。世界を旅しながら暮らせる働き方教えます。

WEB制作/システム開発/飛行機/マイル/ホテル/ビール/ワイン/ドラム/Vespa/ロードバイク/筋トレ/子育て

プロフィールTwitterInstagramFacebook