成田空港税関で輸入品の税務申告の手続きしてみました。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

何一つ悪いことしてないのに、いつも緊張する税関。

今回は、個人のお土産としての免税範囲を超えて、商業用(つまり売り物)として持ち帰って来たので、律儀に申告してみました。

輸出で物送ったり個人輸入で払ったりはよくやってるんですが、ハンドキャリーで持ち帰るのは初めてやったのでよく分からず。記録です。

申告した物

子供のおもちゃが50点、雑貨が50点ほど。

ちょっとややこしい事に、飛行機に持ち込めた15kgは携行品、残りの10kgは別送品として現地から直接送ってます。

申告書を2枚書く

※後で考えたら、これ必要あったのか謎

別送品があるので、2枚書きます。

2枚ともに、トータルの商品数と価格をコピーして書いてしまったんですが、ここは「今持ってる品物」の数と価格を書くようで、後で直しさせられました。

税関に申請する

ほとんどの人が申告無しのゲートを通るので、申告ありの窓口は閉まってます。

係員に申告する物を持っている旨を伝えて、出て来てもらいました。

忙しくてちょっとめんどくさそうな雰囲気。

中身について説明

「雑貨は具体的にはなんですか?あーじゃそれは『木製品』と書いて下さい、おもちゃはどう言うのですが、んー、ちょっと開けてもらって良いですか」

カッターで開けて、中身見せました。

税額の確定

特に禁制品がある訳でも無いので、その場で計算。

トータルの100USD程度のものだったので、簡易税率15%、消費税8%、2,000円くらい?と予想してたら、意外と700円でした。

割と、係員同士で「これどうしましょうか」「良いんじゃない?」的な軽いノリで決まりました。

そんなもんなのかな。忙しい中むしろスイマセン。

支払い

その場で支払う訳ではなく、少し先にある銀行窓口で支払って終了です。

別送品申告って必要なかった?

一応、別送品の紙にハンコ押したものを受け取ったので、荷物が届くまで持ってることにします。

ただ、あれって、「個人のお土産としての免税範囲20万円」を、分けて送った場合、今持ってる金額+別送品の金額が、20万円以内かどうか、を証明する為のものな気がします。

「この人は、免税の範囲で別送品あったので、そっちは課税しなくてOK」的な。

今回は、売り物なのでそもそも免税されないし、結局、別送品もインボイス付けてるから、そっちはそっちで単に海外からの宅配便として税関でインボイスに基づいて課税されるだけ。

つまり、別送品として書く意味なかった、と言う事かなと。

係員が忙しそうだったのと、変な事聞いて何かヤブ蛇になったら嫌なので聞かなかったけど、どうするのが良かったんだろう…

 免税の範囲は、携帯品あるいは別送品(入国(帰国後6か月以内に輸入するものに限ります。)のうち、個人的に使用すると認められるものに限り、成人一人当たり下記の表の範囲内で免税となります。(携帯品と別送品の両方がある場合には、両方を合算します。)

未成年者の場合は「酒類」と「たばこ」は免税になりません。6歳未満のお子様は、おもちゃなど明らかにお子様本人の使用と認められるもの以外は免税になりません。

また、この免税範囲を超えた場合、商品や商業用サンプルには、品物の種類などに応じた税率によって税金が課せられることになります。

http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/menzei.htm

結論

よく分からない。

個人利用と認められる程度の量だけ携行品として持ち帰り、お土産として免税。
残りは全部送って、そっちの税関に任せる、ってのが良いんだろうか。(脱税はダメです)

申告してる人なんて誰もいなかったし、係員も「え申告するの」的な感じだったし、みんな普通はどうしてるのかなー。

段ボールじゃなくスーツケースなら何も言われず通れちゃう量だけど、「これお土産じゃないでしょ」と指摘されてから、支払うのもイヤだし(と言うか脱税はダメです)

 

著者プロフィール

ひらたよしひろ

通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。 普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでも出来るため、月の半分は海外に行くような生活をしています。 ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。

お知らせ

オンラインコミュニティ始めました

Facebookグループで、ブログに書けない話や、今取り組んでる具体的な案件、これまでやって来た事、失敗談、やりたいけどやれていない案件、ビジネスに繋がったら良いな、的な話を非公開で書いています。

FREE WILLコミュニティ

このグループは、「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」です。

主催者は、ひらたよしひろ、守岡裕志、ショールかおりの3人。

メンバーのみなさんも自由に投稿、コメントしてください。それぞれの好きや得意が交わってビジネスが「アイデア」から「カタチ」になっていったら面白いと思っています!

ブログ読者の方との双方向の交流や、コラボレーションが出来たらいいなと思っています。

とはいえ、参加して発言する必要など面倒なことは一切ありません。
無言参加、無言退出全然OK。

海外オフ会なんかもやれたら良いですね。

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

→詳しくはこちら