【格安SIM】LINEモバイルでスマホ代を1/4に節約する方法

SIMカード レビュー

現在のスマホの月額はいくらでしょうか?

僕はauからLINEモバイルに乗り換えたことで、電話料金が1/4程度になりました。

→LINEモバイル公式サイトはこちら

この記事では、こんな疑問に答えます。

そもそもSIMってなに?

SIMの話をすると、そもそもSIMが何かわからない、と聞かれることがあるので、軽く説明しますね。

SIMカード

電話機の中に挿さってる、こういうのがSIMです。

docomoならdocomoの、auならauの、SoftbankならSoftbankのSIMカードがあって、それが差さっています。

それを他社のものに差し替えれば、そちらの契約プランで使えるはずが、日本の携帯電話の通信会社(キャリア)はそれにロックを掛けて、乗り換えできないようになっている(なっていた)わけですね。

最近は、モデルによってはSIMロックの解除を申請したらしてくれる(契約○年以上とかあるみたいだけど)ようですが。どちらにしてもなかなかアコギですね。

海外のスマホは、SIMを差し替えて、自分の好きなキャリアを選ぶことが出来るのが普通です。

日本でもようやくここ数年、自分の好きなSIMを挿せる、SIMフリースマホが出てきました。

格安SIM(MVNO)とは

docomoでもauでもsoftbankでもない事業者のことです。

仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、英語: Mobile Virtual Network Operator, MVNO)とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。通信サービスの提供には移動体通信事業者(MNO)の卸売をうけたり、仮想移動体サービス提供者(MVNE)の機能を利用したりする。

仮想移動体通信事業者/wikipedia

つまり、設備投資しなくて良い分安くできますよということですね。
リアル窓口もありません。でもそんなのって大体必要無いでしょう。

僕は格安SIMに乗り換えてもう何年も経ちますが、窓口に用事があった試しがありません。

MVNOの出しているSIMが、俗に格安SIMと呼ばれているものになります。

格安SIMにすることで、月々のスマホ代を大幅に節約することが出来ます。

LINEモバイルってなに?

格安SIMも、20社近くが出しているんですが、僕のおすすめはLINEモバイルです。

以前は、BIC SIM / IIJmio を使ってましたが、乗り換えです。

→LINEモバイル公式サイトはこちら

LINEモバイルは格安。実際の請求額は・・・

LINEモバイルの実際の請求結果はこちら。

1年間に掛かった実際の通信費です。

自分用の年間費用

  • 2017年9月分 : 2,423円
  • 2017年8月分 : 2,454円
  • 2017年7月分 : 2,940円
  • 2017年6月分 : 2,411円
  • 2017年5月分 : 2,983円
  • 2017年4月分 : 2,400円
  • 2017年3月分 : 2,573円
  • 2017年2月分 : 2,443円
  • 2017年1月分 : 1,893円
  • 2016年12月分 : 1,871円
  • 2016年11月分 : 1,854円
  • 2016年10月分 : 3,240円

年間合計:29,485円。月平均:2,457円

激安。

2月から微妙に値段が上がっているのは、プランを3GBから5GBに変更したため。半分海外に行ってるので使わないとは言え、Macbookでテザリングなんかしてると、3GBのデータ容量だと足りなくなることがありました。

初月が高いのは登録事務手数料3,000円の分です。

妻用の年間費用

もう一台、妻の方はどうだったでしょうか。

  • 2017年9月分 : 1,918円
  • 2017年8月分 : 1,968円
  • 2017年7月分 : 1,853円
  • 2017年6月分 : 1,978円
  • 2017年5月分 : 1,948円
  • 2017年4月分 : 1,827円
  • 2017年3月分 : 1,957円
  • 2017年2月分 : 2,108円
  • 2017年1月分 : 1,841円
  • 2016年12月分 : 1,962円
  • 2016年11月分 : 1,828円
  • 2016年10月分 : 3,240円

年間合計:24,428円。月平均:2,035円

激安。

ほぼLINEやFacebookで生きてるので、基本料からはみ出さないようです。

夫婦2台合わせて、年間53,913円でした。

LINEモバイルとauとの比較

auを使っていた頃は大体、月に2人合わせて1万8千〜2万円でした。

2万円x12ヶ月=24万円程度かかっていた計算です。

差額:240,000円-53,193円=186,087円。

一年で20万近く浮いた計算になります。

LINEモバイルの通信速度

通信速度も特に不便は感じません。十分速く、auやsoftbankを使っていた頃と体感変わりません。

LINEモバイル通信速度

テザリングもできます。

LINEモバイルの契約プラン

それぞれ、契約プランは、

  • コミュニケーションフリープラン5GB/音声通話
  • コミュニケーションフリープラン3GB/音声通話
  • コミュニケーションフリープラン3GB/データ+SMS

となっています。

音声通話のものは、電話番号付き。docomo、au、softbankからMNPで電話番号引き継げます。

データ+SMSのものは、電話番号は実はあるけど、通話は出来ず、SMSだけ送れます。

ここがポイント!LINE・Facebook・Instagram・Twitterの通信量はタダ

コミュニケーションフリープランは、LINE、Facebook 、Instagram を使う分は、通信容量を消費しない(つまりタダ)と言う事。

他のMVNOに比べて、LINEモバイルが良いのは、「LINE使う時」「Facebook使う時」「Instagram使う時」の通信料は、タダという点。

スマホを使う際、主な使いみちはこういったSNSの利用が多いと思います。

メールアドレスは使えない

これはLINEモバイルに限った話ではありませんが、@docomo.ne.jpとか@ezweb.ne.jpとか@softbank.ne.jpとかのメールアドレスは使えなくなります。

LINEとか電話番号SMSは使えます。

今時、キャリアのEメールアドレスが無くても困ることは全然ありません。もちろんGmailなんかは別で使えますし。

SIMフリースマホってなに?

さて、格安SIMを使うには、SIMフリーのスマホが必要になります。

docomoショップ・auショップ・softbankショップとか家電量販店などで買うと、いわゆるSIMロックがかかったスマホです。これはSIMフリースマホではないので、格安SIMを使うことが出来ません。

SIMフリーiPhoneは、ドコモ・au・ソフトバンクなど、キャリアのお店や家電量販店で買うのではなく、Appleの店で購入しましょう。

一括がキツイ場合でも、Appleのローンは、2年の金利0円セールなどやってたりするので、分割しても損はありません。

SIMロック解除

最近の機種の場合、SIMロック解除という手続きで、SIMフリー化出来るようになっています。

docomo
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/

au
https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

softbank
https://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

新しい機種や契約期間などの縛りがあるので、詳しくは↑から確認して下さい。

SIMフリースマホなら海外SIMも使える

SIMフリー機にすると、海外旅行に行った時も、現地のSIMを挿せるので、空港で借りるようなWIFIレンタルに比べて、全然安く済みます。

SIMフリーiPhoneが実質無料

iPhoneを約10万円と考えた場合、1年で20万浮いた場合、6ヶ月でiPhoneが1台買えてしまう計算になります。

すぐ乗り換えてしまえば、その月から貯金しているのと同じ。

翌年から年間20万。家族で海外旅行にも行けますよ!もったいないもったいない。

まとめ

よほどの理由でもない限り、格安SIMに乗り換えたほうが良いんじゃないかなと思います。(最近、レガシーキャリアも安いプランを打ち出しているようだけど、まだ高いし)

LINEモバイルにする前には、IIJmio系のBIC SIMを使ってたこともありますが、LINEモバイルにしてからは他に浮気すること無く落ち着いてます。

LINEモバイルは余ったデータ量を、他人にプレゼントできるのもいいですね。

実際、使ってない仕事用SIMから、データ量が足りなくなった個人用の方にプレゼント、なんてことも何回かやっています。

あとは先程も書いたように、「LINE使う時」「Facebook使う時」「Instagram使う時」の通信料はカウントされないので、3GBプランなら3GB、の計算に入らない、というところですね。なので、実質の使えるデータ量はもっと多くなります。SNS使用がほとんど、という人も多いでしょうから。

ちなみに、LINEやFacebook経由で見たYoutubeなどの通信分もタダ。ということ。

ということで、乗り換えるなら今でしょ。

→LINEモバイル公式サイトはこちら

ひらたよしひろ

旅するノマドワーカー11年目。2児の子を持つ働き方改革ブロガー。日本〜アジア〜世界を行ったり来たり。WEB制作・開発/飛行機/マイル/ホテル/ビール/ワイン/ドラム/料理/筋トレ。世界を旅しながら暮らせる働き方。
プロフィールTwitterInstagramFacebook

ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

レビュー
ひらたよしひろ.com