深センに来る時はクレジットカードでキャッシング出来ないので現金持って来た方が良さそう

深セン

香港から深センへは、電車で1時間ちょっと。

今回は日帰りするので、気を抜いて手ブラで来てしまったんです。

今回は深センは行かないつもりだったところ、時間ができたので急遽行く事にしたので、日本から中国元を持ってきていませんでした。

日帰り深セン

A post shared by ひらたよしひろ (@yossy1009h) on

海外ではキャッシングしてます

普段は海外で現金必要な時は、日本円を両替ではなく、基本的にクジットカードでキャッシングするようにしてます。(タイでは銀行口座もってるので普通に引き出してますが)

  • 多額の現金持ち歩かないので安全
  • 実は両替よりクレジットカードのキャッシングの方がレートが良い
  • クレジットカードは失くしたら電話一本で止められる
  • クレジットカードで支払えるところはクレジットカードで支払いするのでそもそもそんなに現金いらない

今回も、深セン着いてからキャッシングすれば良いやー、と、香港ドルもそんなに持たずに来ました。

キャッシング出来るATMが見つからない

しかし、国境越えて中国側の羅湖駅に着いてから、探してもATMが見つかりません。

そうか、中国は電子決済が主流で、現金が必要なシチュエーションが少ないのかも。

中国は日本より進んでいる?深センで見た電子マネー決済Wechat Payとレンタルシェアサイクル
中国に行った事が無い日本人の、中国のイメージってどんなものでしょう。僕も最近まで行った事がなかったので、語らずもがなです。実際の所は…日本より進んでいる決済事情アジアの国々に旅行すると、クレジットカードが使えない事がよくあり

付近を探しても、中国系銀行のATMはあるものの、PLUS,Cirrusのマークの無いATMではキャッシング出来ません。

仕方ないので、駅の中にあった両替所で、手持ちの香港ドルを中国元に両替。

事なきを得たけど、次回は忘れずに

たまたま現金で500香港ドルほど持っていたので良かったものの、それも持ってなかったらその先電車にも乗れないし、SIMも無かったので誰にも連絡取れないし、どうなっちゃうんだろう…。

羅湖駅でキャッシング出来るATM情報、あったら教えてください。

かわいいドローン買っちゃった

A post shared by ひらたよしひろ (@yossy1009h) on

ドローンは、深センの友達に立て替えてもらいました。

ひらたよしひろ
通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。 普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでも出来るため、月の半分は海外に行くような生活をしています。 ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。 プロフィールTwitterInstagramFacebook
ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

深セン
ひらたよしひろ.com