チェンマイ|Airasiaエアアジアの機内にパスポート置き忘れて紛失事件

チェンマイ

結構時間が経ってしまいましたが、前回チェンマイに行った時の話。

プロ忘れ物istなので、これまでも色々忘れてます。

↓通帳など失くした時

バンコクで通帳と免許とキャッシュカードと現金を失くす男。タイで銀行と警察に行く

↓ガソリン入れ忘れた時

チェンマイの山(ドイステープ)の頂上付近でバイクがガス欠したらどうなるか

↓飛行機乗り遅れた時

チェンマイで飛行機を乗り逃して、夜行列車に乗る

発覚

バンコクからチェンマイに、エアアジアで飛びました。

空港からソンテウを捕まえ60Bでニマンヘミンのホテル近くまで到着。100B掛からなかったからラッキー。
そのまま、ホテルにチェックインするつもりで、荷物からパスポートを出そうとしたら、、

無い!

パスポートケースごと無い。

記憶を辿る

エアアジア

若干パニックになりながらも、どこで無くしたかを思い返してみると、バンコク〜チェンマイの機上で、シートポケットに入れてそのままにしてしまった可能性が濃厚。

その時、シートポケットには他にもいくつか物を入れていて、降りる際に取り出した所、パスポートケースは忘れてしまった、と。

ケースにはクレジットカードなども入っていたため、これはまずい。

いつかパスポート紛失する日が来ると思っていたけど、ついにやってしまいました。

空港に連絡

ソンテウからのチェンマイの風景

通りかかったソンテウに飛び乗り、空港へ。

車内から、チェンマイ空港に電話して、エアアジアカウンターに繋いで貰うも、保留になったままずっと繋がらない。

一旦電話を切って、エアアジアのサポートにかけると、「その飛行機はもうバンコクに向かって飛んでる。空港のエアアジアカウンターに行け」との事。

遅かった…

エアアジア遺失物デスク

チェックインカウンターの後ろに、遺失物のデスクがありました。

事情を説明すると、まずは書類に記入。パスポートの提示も求められたけど、いや、それを無くしたんだ、と。

今の所、特に遺失物の届けは無いとの事。

やはり乗って来た便は、今バンコクに引き返している途中との事で連絡が取れず。

手続き的には、デスクから連絡して、捕まえたところで確認、出て来たらチェンマイに戻ってくる便で運ばれて来て、そしたらあなたに電話する、と。

どちらにしても夜に電話する、とのこと。

しかしここはタイ。期待はできないな…

領事館に連絡

まず、チェンマイの日本領事館に電話。パスポートが出てこなかったらどうしたら良いのかの確認。

帰りの飛行機は4日後なので、それまでになんとかしたい。

すると、日本から、戸籍謄本をFAXするのと、警察で遺失物届けを出すこと。それで、再発行は1日で出来ると。

妻に連絡をして、市役所に行って戸籍謄本を取って来てくれるように依頼。ただ、もしかしたら明日出てくるかもしれないので、明日の朝また連絡をするという事にしました。

クレジットカード会社に連絡

クレジットカードが4枚ほど入っていたので、各会社に連絡。

この機会に、使わないカードは解約しちゃいました。

ちなみにこの際使ったのは、LINE Out電話。国際電話でも安いので気になりません。ただし、フリーダイヤルには繋がらないので、03番号などに掛けます。

ホテルにチェックイン

再びソンテウに乗り、ホテルへ。

チェックイン時には、iPhoneに保存したパスポートの画像と、遺失物デスクで貰った書類を見せてチェックイン。

とりあえず宿は確保出来たので安心。

ホテルにて

夜には電話する、と言う話でしたが、連絡来ず。

ここまでの交渉は、英語で行なっているわけですが、僕のつたない英語力では、100%理解できていません。

こう言っていたような気がするけど、実際どうなんだろうと言うのが不安だったので、タイ人と英語話者に連絡して、再度エアアジアのサポートに聞いて貰ったところ、

「今飛行機はプーケットに行ってるよ」(!)

バンコク〜チェンマイの往復だけなのかと思ってたら、バンコクに戻ったあと、プーケットに飛んで行ったようです。

バンコクに着いた時に、シートポケットの確認はしなかったのか、と聞いても、「私担当じゃ無いのでわからない」的な対応だったらしいです。

引き続き連絡待ち。しかし時間も遅いので、沈んだ気持ちで寝る事に。

知らない番号からの電話に出ると、「あんたのパスポート、チェンマイに着いたぞ」的な内容!

念のため確認。

「パスポートが見つかって、チェンマイ空港に届けてくれたって事?」

「そうだ」

再び遺失物デスク

パスポートとクレジットカード

なんかの間違いかと思って気を抜かないようにしてましたが、間違いなく自分のパスポートケース。無事ゲット!中身も問題なし

今日やらなければいけないはずだった、様々な手続きと費用を考えると、超絶に得した気分。

良かった〜。

パスポートは、僕もまだ行った事ないプーケットに1人旅して、戻って来た訳です。

しかし、見つかって送る前に一報入れてくれたらもっと良かったのに。昨日の晩には分かってたはず。

ま、贅沢は言わない。エアアジアありがとう!

まとめ

  • パスポートは失くすと大変なので、肌身離さず持ち運びましょう。
  • 飛行機のシートポケットの確認は忘れずに。
  • パスポートの写真をスマホに入れておきましょう。
  • SIMフリースマホで現地の電話番号持っておくと便利。
  • 国際電話はLINE Outが安いです。

裏話

実は、このチェンマイに来る直前にも失くし物してまして。妻には呆れられるので内緒。

バンコクで泊まったホテルか、立ち寄ったマッサージ屋さんに腕時計を忘れた模様。

腕時計

マッサージ屋さんに電話したけど無く、チェックアウトしたホテルに戻って、フロントに相談した所、「ここにメールアドレスを書け。見つかったら連絡する」

と言う状況だったんですが、チェンマイにいる間に、メールが来ました。

「こちらは○○ホテル。アンタの腕時計見つかったから、受け取りに来い」

と言う事で、チェンマイからバンコクに戻った後、受け取りに行きました。

これで、結局失くしたものは何もなし。時間と精神的なプレッシャーとソンテウ代は掛かったたけど。

そしてブログネタを得る。逆にラッキー。

ひらたよしひろ
通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。 普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでも出来るため、月の半分は海外に行くような生活をしています。 ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。 プロフィールTwitterInstagramFacebook
ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

チェンマイ
ひらたよしひろ.com