タイ・バンコクへ格安航空券で。

バンコク

結論から言うと、羽田〜タイ往復28,470円(諸税込)。

海外に行きまくってると、お金掛かってると思われる事が多いですが、大してお金かかりません。

タイの場合、以前はLCCのエアアジアXで、セールで往復3万切ってると、安いなー、と思っていたんだけど、最近は円安もあるのか、レガシーキャリア(LCCじゃない航空会社)でも探せば安いのがあります。

秋頃はデルタの直行便でも3万円程度だったし。

今回は、中国国際航空。北京乗り継ぎなので多少不便だけど、スターアライアンスグループなので、ANA上級会員なら優先搭乗出来るし、航空会社ラウンジも使えるので、羽田、北京でタダでご飯食べていけるので、そんなに苦ではないです。

もちろんマイルも貯まります。

  • 値段より時間優先で直行便じゃないと嫌だ
  • ビジネスクラスじゃなきゃ嫌だ

と言う考え方もあると思いますが、僕の場合、基本的には安いのが正義。

まあ、どうせ会社の出張経費なんで、多少贅沢してもいいんだけど、それだとなんか負けた気分になるので。

経費と言えば、月に2回は海外に行ってますが、このように月の渡航費は、良いとこ10万円程度。

普通の会社の場合だと、きっとそのくらいの費用はオフィス代で消えてると思いますが、うちはオフィス持たないので、その分をこっちに回せば、ペイできてしまう訳です。

これで、よく聞かれる質問の「どこからそのお金出てるの?」の疑問が解けちゃいましたね。小物感があるけど、現実はそんなもんです…。

格安航空券のとり方

さて、今回のチケットですが、surpriceで取ってます。

キャンペーン2,000円引で28,470円だった

いつも複数のサイトを巡回して、最安の所を吟味してます。

会社のスタッフやら、クレカのコンシェルジュデスクに航空券の手配を丸投げして依頼することも出来るけど、ここまでマメにやってくれないと思うので、任せられない。

ほとんど、旅行会社のツアーを使うことはなく、航空券は航空券で、ホテルはホテルで別々に取ってます。

マイルを倍貰う

ちなみに、surpriceでチケット取る際は、ポイントサイトのハピタスを経由して行くと良いです。

ハピタス経由でsurpriceに飛んでいけば、ハピタスポイントが1%貰えて、ハピタスポイントは最終的にANAマイルに移行出来ます。つまり、マイル還元1%のクレカで決済していた場合なら、実質2%貯まるということ。

ハピタスは他にも、楽天やらYahooやらで買い物する際、経由するとポイント貯まる(で、ANAマイル移行出来る)ので、登録おすすめ。

いつものネットショッピングにプラスするだけで、ポイントが貯まっていくお得なサイト「ハピタス」。こちらから登録すると、現金にも交換できるポイント30円分プレゼント中! http://sp.hapitas.jp/

ハピタスポイントからANAマイルへの移行方法は、また今度書きます。


ホテルで思い出したけど、今日のホテル、まだ取ってないな。大体いつもギリです…。まあ、何とかならなかった事がない。

ひらたよしひろ

旅するノマドワーカー11年目。2児の子を持つ働き方改革ブロガー。日本〜アジア〜世界を行ったり来たり。WEB制作・開発/飛行機/マイル/ホテル/ビール/ワイン/ドラム/料理/筋トレ。世界を旅しながら暮らせる働き方。
プロフィールTwitterInstagramFacebook

ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

バンコク
ひらたよしひろ.com