Grab taxi グラブタクシーはクレジットカードで支払える。乗り方やUBERとの比較(クーポンあり

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

以前は、Grab taxi(グラブタクシー)って、配車だけで、UBERと違って現金払いなので面倒だな、と思っていた記憶があるんですが(もしかしたらただの勘違いかも)、クレカ払いが出来るという話を見たので、試してみました。

※クーポンは一番下にあります

まずはクレカ登録

VISA/AMEXはいけたけど、ダイナースはどうだろう…。

今、日本からだとクレカ登録自体が出来ないので、後日試してみます。

Grab taxi(グラブタクシー)タクシーを呼ぶ

UBERと同じように、目的地を入力するか、google mapでの経路検索結果からGrab taxi(グラブタクシー)に連携すると、近くにいるタクシーが表示されます。

Bookボタンでタクシーを呼べます。

注意!

前にも聞いていたんですが、Grab taxi(グラブタクシー)のドライバーは電話を掛けてきがち。

地元の人がよく利用するサービスだからかな。

英語ならともかく、地元の言葉しか通じない事も多いので、配車の際には近くにホテルや店など地元の人がいるところから呼び、もし電話が掛かって来たら電話を代わってもらい、道を説明してもらうと良いでしょう。

この時は実際、電話が掛かって来たので、ホテルの人に代わってもらいました。

車が決まる

配車が決まると、車のナンバーが表示されるので、その車が来たら乗ります。

ドライバーの顔と名前が分かるので、流しのタクシーよりも安心です。

目的地へ

Grab taxi(グラブタクシー)は、基本的に普通のタクシーです。

到着したら、ドライバーの評価をして、示される金額にOKしたら、無事クレカ払い完了。

Grab taxi(グラブタクシー)UBERより便利かも

登録タクシーの台数が多いので、近くにタクシーがいる確率は高いと思います。その点ではUBERより良いかも。

電話が掛かってくるのは面倒。ベトナムでも同様でしたが、英語は通じない事が多そうです。

Grab taxi(グラブタクシー)は料金もUBERより少し安い

バンコク市内から空港まで、UBERだと3〜400バーツのところGrab taxi(グラブタクシー)だと200バーツちょっとでした。(コースどりによるかも)

https://invite.grab.co/yoshihiro44276

↑Grab taxiのダウンロードはここからできます。

Grab taxi(グラブタクシー)はドライバーから電話がかかってくることがある点に注意

UBERでは無いんですが、Grab taxi(グラブタクシー)の場合、ドライバーから電話が掛かってくることがちょくちょくありました。英語ならともかく、タイ語とかだと何を言ってるか分かりません。

僕の場合は、もし電話がかかってきたときは、ホテルの人や、お店の人、場合によってはたまたまそのへんにいる人に電話を渡して、代わりに話して貰っています。

大体皆さん親切なので、やり取りしてくれますよ!

UBERが東南アジアエリアから撤退

Uber、東南アジアから撤退へ–Grabに事業売却

2016年に中国市場から撤退しているUberは米国時間3月26日、東南アジアの事業を、同地域で競合するGrabに売却することで合意したと発表した。

声明によると、Grabはカンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムで展開されているUberの全事業を引き継ぐという。これには配車サービス、食料品宅配、決済、金融サービスなどが含まれる。

https://japan.cnet.com/article/35116713/

こんなニュースがありました。今後、東南アジア各国は、UBERからGrabへと変わっていきます。

個人的にはUBERの方がよく利用していただけに、残念です。

Grab taxi(グラブタクシー)の無料乗車クーポン

こちらのリンクからGrab taxiをインストールすれば、150バーツ分(15ドル)分の無料乗車クーポンを利用できます貰えます。(タイでアクティベートしたのでタイバーツ表記ですが、どこの国でも大丈夫です)

https://r.grab.com/grabtbqm932i

※すでにアプリをインストール済みの方はこちらのコードを利用して下さい↓

GRABTBQM932I

 

著者プロフィール

ひらたよしひろ

通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。 普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでも出来るため、月の半分は海外に行くような生活をしています。 ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。

お知らせ

オンラインコミュニティ始めました

Facebookグループで、ブログに書けない話や、今取り組んでる具体的な案件、これまでやって来た事、失敗談、やりたいけどやれていない案件、ビジネスに繋がったら良いな、的な話を非公開で書いています。

FREE WILLコミュニティ

このグループは、「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」です。

主催者は、ひらたよしひろ、守岡裕志、ショールかおりの3人。

メンバーのみなさんも自由に投稿、コメントしてください。それぞれの好きや得意が交わってビジネスが「アイデア」から「カタチ」になっていったら面白いと思っています!

ブログ読者の方との双方向の交流や、コラボレーションが出来たらいいなと思っています。

とはいえ、参加して発言する必要など面倒なことは一切ありません。
無言参加、無言退出全然OK。

海外オフ会なんかもやれたら良いですね。

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

→詳しくはこちら