ドイツ – ベルリンのサウナは裸で混浴というのは本当か見て来た

ベルリン

結論から言うと、本当

日本の混浴のように、いるのはどうせおばちゃんだけだろ、と思っていた頃が僕にもありました。

しかし!!

全然そんなこと無くて、うら若き女性も超沢山いるので、安心して欲しい。(何を)

しかも、サウナ内では、バスタオルを下に敷くのがルールなので、体を隠したりする事は出来ない。

むしろ、隠すって何?的なオープンマインドなカルチャーを味わえます。

僕が座っているサウナの段の真下に、うら若き女子がデーンと堂々と素ッ裸で寝てたりするので、正直目のやり場に困る。

ドイツ人が日本人に気質が似てるってのは嘘だな。全然違う。

恥ずかしい!けどすぐ慣れる

最初は、「マジ!どうしよ」と思うけど、周りがあまりに自然で、我関せずなので、すぐ慣れます。

おっぱいだらけだけど慣れる。

しかし、赤の他人だから良いようなものの、現地人で男女の友達同士とかでも恥ずかしくないんだろうか?

正直、あれがアリならなんでもアリじゃん、って思ってしまうけど。

もしあそこに日本人いたら話は変わってくる。ちょっと想像できない。

施設はゴージャス

今回行ったのはこちらのVadali spa

2時間で22.5ユーロ(約2,800円)。

館内は撮影禁止なので、本家の画像を借用すると、こんな感じ。


アジアンテイストで、落ち着いたゴージャスな雰囲気。

非常にリラックス出来るので、1日いても良いと思う。

館内にはレストランもあってビールも飲める

サウナで汗をかいたら、レストランでうまいビールを。これが超幸せ。

サウナに入る時以外はバスローブを着ます。

会計は、入館時に渡されて腕につけたバーコード的なもので、最後に一括清算。

また行きたい

お風呂好きかつ、寒すぎるので、サウナは最高。

今回は一人だったけど、今度は誰かと一緒に来たい。が、人選に迷うところではある。

男2人じゃゲイみたいだし(別にいいけど)、集団はダサいし、妻とでも良いけど日本人客に出くわしたらなんか嫌だし。

館内は200人くらいはお客さんがいたけど、日本人と思われる人は、僕の他に男性が1人だけ。そもそもアジア人がいない。

もちろん現地の人は、夫婦や恋人同士の人が沢山。

周りを気にしなければ、超リラックス出来る場所です。

マップ

ドイツのサウナ、他にもあったんですが、その日は営業時間外。
次回にドイツに行った際には、またチェックしてレポートしたいと思います!

ひらたよしひろ
通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。 普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでも出来るため、月の半分は海外に行くような生活をしています。 ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。 プロフィールTwitterInstagramFacebook
ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

ベルリン
ひらたよしひろ.com