イスタンブール|アタテュル〜サビハゴーケン空港へ電車とバスで行く方法

イスタンブール

入国

トルコのイスタンブールに到着。

♪夜だけ〜の〜パラダイ〜ス〜

日本時間11:00、時差は6時間なので、現地時刻5:00。

しかし、ビザどころか、入国の紙も、税関の紙も要らないのねトルコ。

入国審査、色々質問されたけど、なにやらシュビシュビした発音の英語と、トルコ語と混ぜて喋ってるのか、よく聞き取れない。愛想は悪い。

親日とは聞いてたけど大丈夫かなトルコ。

どこに行くのか、どこから来たのか、何しに来たのか、チケットは持ってるのか、職業は何か、とかを聞かれた後、通過。

空港間移動

イスタンブールアタテュルク空港から、この後、もう1つの空港イスタンブールサビハゴーケン空港に乗り継ぎのため移動するので、2時間ほどの電車旅を楽しもうというつもり。

東京で言う、成田〜羽田みたいな感じ。

現金も持っておこう

トルコの滞在は数時間だけなので、わざわざ両替するのもなんなので、電車のチケットがクレカで支払えればそれもよし。

ただ、現金必要でATMが無い、とかめんどくさい事になるのも嫌なので、空港のATMで少しだけ現金を作っておこう。

現金ゲット

計算がよく分からなかったけど、1番下の選択肢の10トルコリラ。

始発までスタバ

警備のお兄さんに聞いたところ、始発は6:00AM。

間違えて一旦出てしまったので、またセキュリティゲートをくぐって空港内に戻る。
時間までスタバに。

クレカで払おうと思ったら、機械が故障してると。しょうがないので先程の現金で支払い。

お釣りくれないから、お釣り貰ってないよ、と言ったら、さっき引き出したのが、3,000円くらいかと思ってたら、どうやら300円くらいだった。少なすぎた。

そうか、むしろカフェラテ11.25リラだから、1.25リラお負けしてくれてた(クレカ使えなかったから)。ごめんね店員さん。あなたは良い人だ。愛想悪いけど。

睨まれてる?

もう一度ATM行って、100リラくらい下ろしておこう。

しかし、このスタバ、wifiも動いてないとの事。ネット繋がらないと困るなー。

1つ目の電車へ

6時になったので、切符売り場へ。

しかし買い方がわからない。

日本語表示もあるけど、プリペイドカードじゃなくて、片道の切符が買いたいんだけど…。プリペイドの方が安いらしいけど、そんなに使わないし。

という事で、隣の券売機で買っていたお姉さんに助けを求める。

すると、ついて来いと、彼女のカードでそのまま改札を通過し、来た列車に乗ってしまう。いや、それだと出る時に困ると思うんだけど…。

彼女も英語があまりなので、翻訳アプリを使いながら、車内で確認。

-これって出る時に、駅員に言えば良いの?

-うん。

ホントかなー。うまく説明できるだろうか。
記念に写真を撮らせて貰った。

ありがとうあなたは良い人。見ず知らずの外国人に。

そういうことか

そして、改札出る時にわかった。

こっちの改札、出る時はタッチしないで、自由に出て良いんだ。だからさっきのお姉さんは話が通じなかったんだな。

…というか、乗る時に彼女のカードで2回タッチしたから、奢って貰った事になってる!

トルコに来て早くも2回もお金出して貰ってしまったな。トルコ良い国!

バス1本目

事前に調べていて、3本乗り継いで行くんだな、というのはわかったけど、残りの2本はどうやらバスの模様。

バスは大体難易度高いけど大丈夫かなー。

と、とりあえず外に出たところ、外真っ暗だしヒト気もない。

バス乗り場分かるかなー、と思いつつ、らしきところに行ったらそれだった。

で、ここで切符を買う機械が、またさっきの地下鉄と同じ。どうも、電車もバスも同じカードで乗るらしい。

更に、多分?どこまで乗っても値段一緒ということなのかな??

と言うことで、1回乗車券で6リラ(お釣りは出ない)、もしくは3回で10リラ、と言う選択肢があったので、もちろん3回で。

2両連結のバスは、乗り方は電車と同じ。行く方向のホームで待って乗るだけ。

車内は日曜日の6:30だと言うのに満員。

外国人はいない。
日本と同じように、みんな喋らずに静かに乗っている。喋らない国民性なのね。インドの時のように目ヂカラは強め。

みんな手ぶらだけど、どこに行くんだろう…

年齢層高め(3〜40代)の男性ばかりだからか、スマホいじってる人はそんなに多くない。5人に1人程度。普及はしているんだろうけど。

間違えて一つ手前で降りてしまった。

次のバスを待つ間暇なので、案内表示を見て気づいた。

24時間運行してる。

バス専用レーンなので渋滞がない。

なるほど、いいな。

5分ほどで次のバスが来たので乗車。

乗り換えのバスストップに到着。


この辺で何か見どころがあれば、と思ったけど何もない!!

夜も明けないし、電波もないので、次のバスに乗ってしまおう。

2本目のバス

今度のバス停は、案内表示も無いので分からない。何人か乗る人がいたので、このバスは空港方面行きかを聞いたら、違うとの事。

空港行きのE-11は隣のレーンだと教えて貰う。自分が乗り遅れそうになりながら教えてくれたお姉さん、ありがとう。あなたは親切。

待つ事数分でバス到着。

また先ほどのカードをタッチして乗車。
結構な距離乗ったけど、10リラ(300円)で収まるのが凄いな。

移動全編、世界の車窓から的に、外の景色をお届けしたかったけど、マジで何も無い。道と車とたまに建物。以上。

外真っ暗だし、さらにバスの車体は綺麗なんだけど窓が汚くて外が撮れない。

まあ乗ってるだけで楽しいから良いんだけど。

前のカップルはイチャつき気味。

あ、トルコは左ハンドル右側通行です。

夜明けとともに空港着。

気温は東京より少しあったかい程度。

出国審査抜けた先にプライオリティパス対応のラウンジが、あるとの事なので、移動。

何もする事なくトルコを出国してしまった。が、優しい人に会えたからいいか。

ここで、ようやくwifiに繋げた。

この後、12時頃にまた飛びます。

そう言えば、最初の空港で日本人団体を見かけて以来、東洋人すら見かけないな。

ひらたよしひろ

旅するノマドワーカー11年目。毎月海外に行ってリモートワークしてます。世界を旅しながら暮らせる働き方教えます。

WEB制作/システム開発/飛行機/マイル/ホテル/ビール/ワイン/ドラム/Vespa/ロードバイク/筋トレ/子育て

プロフィールTwitterInstagramFacebook

ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

イスタンブール
ひらたよしひろ.com