【輪行袋】オーストリッチOS-500にロードバイクを梱包するやり方【収納方法】

電車や飛行機に自転車を積んで行くことを輪行と言います。

出先で自転車に乗れると、世界が広がりますね。

今回は、今週末の沖縄センチュリーライドに向け、ロードバイクを梱包します。

いつも旅の用意は前日の夜または当日の朝、という感じなんですが、チャリを梱包するとなると、慣れてないのもあって段違いにめんどくさい…

梱包開始

前回のホノルルライドの際は、大き目の段ボールを自転車屋さんから譲り受けて、それに梱包したので、外すのは前輪だけで済んだけど、今回は入れ物のサイズ的に後輪も外さないといけない。

外すのはともかく、組み立てるのは出来るんだろうか…

外すもの外す

タイヤは簡単に外れるので問題無し。飛行機に積むので、空気は抜いてある。

リアディレーラーを外すかどうか迷ったけど、破損の恐れがあるということなので、念のため外す。ただ、付け方はもう分からない。プチプチに包んで、フレーム内に固定。

前後輪のエンド金具を装着。エンド金具はサイクルショップ朝日で今日買えた。

ペダルも外しておく。

動かないように各部を固定

ハンドルが邪魔でそのままでは入らないので、外してフレーム内に入れて、養生テープで固定。

その他、動いてしまうパーツも養生テープで固定。

ブレーキレバーも、畳んだ状態で固定。

チェーンはビニール紐でテンションかけて、ブラブラしないように固定。

スプロケット周りも、危ないし汚れそうな感じなので、プチプチで養生。

OS-500に入れる

見にくいけど、真ん中に車体、左右のポケットにタイヤを配置。

外したパーツやウェアなどは、リュックに入れて隙間に詰める。緩衝材にもなる。

ヘルメットもやシューズ、フロアポンプも忘れずに詰める。

完成

地獄のような重さかと思ったけど、車で運ぶぶんには支障のない程度の重さ。そもそも車体が軽いしね。

まあ電車で運ぶとなるとキツそう。

もうちょっと段ボールやエアキャップなどを駆使すれば、海外輪行もいけるかもしれない。(海外は扱いが荒いので不安だけど)

(追記)組み立て

意外と簡単でした。後輪外すのに慣れたので、車にもコンパクトに積めるようになったなー。輪行が捗る。

著者プロフィール

ひらたよしひろ

通勤電車嫌いがキッカケで独立し、始めたノマド生活も早10年目。 普段は家族のいる東京に住んでいますが、仕事自体はネットに繋がればどこでも出来るため、月の半分は海外に行くような生活をしています。 ノマドでWEB制作・開発系の仕事をしながら、毎月海外に出て、ヒトやモノや情報を繋いだりして暮らしています。

お知らせ

オンラインコミュニティ始めました

Facebookグループで、ブログに書けない話や、今取り組んでる具体的な案件、これまでやって来た事、失敗談、やりたいけどやれていない案件、ビジネスに繋がったら良いな、的な話を非公開で書いています。

FREE WILLコミュニティ

このグループは、「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」です。

主催者は、ひらたよしひろ、守岡裕志、ショールかおりの3人。

メンバーのみなさんも自由に投稿、コメントしてください。それぞれの好きや得意が交わってビジネスが「アイデア」から「カタチ」になっていったら面白いと思っています!

ブログ読者の方との双方向の交流や、コラボレーションが出来たらいいなと思っています。

とはいえ、参加して発言する必要など面倒なことは一切ありません。
無言参加、無言退出全然OK。

海外オフ会なんかもやれたら良いですね。

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

→詳しくはこちら