【輪行袋】オーストリッチOS-500にロードバイクを梱包するやり方【収納方法】

レビュー

輪行袋も高いものから安いものまでありますが、値段と評判とのバランスのいい、オーストリッチのOS-500を購入したので、使用感をレビューします。

輪行に向けてOS-500に梱包

電車や飛行機に自転車を積んで行くことを輪行と言います。

出先で自転車に乗れると、世界が広がりますね。

今回は、今週末の沖縄センチュリーライドに向け、ロードバイクを梱包します。

いつも旅の用意は前日の夜または当日の朝、という感じなんですが、チャリを梱包するとなると、慣れてないのもあって段違いにめんどくさい…

梱包開始

前回のホノルルライドの際は、大き目の段ボールを自転車屋さんから譲り受けて、それに梱包したので、外すのは前輪だけで済んだんですが、今回は入れ物のサイズ的に後輪も外さないといけない。

外すのはともかく、組み立てるのは出来るんだろうか…

外すもの外す

タイヤは簡単に外れるので問題無し。飛行機に積むので、空気は抜いてあります。

リアディレーラーを外すかどうか迷ったけど、破損の恐れがあるということなので、念のため外します。ただ、付け方はもう分からない…。プチプチに包んで、フレーム内に固定します。

前後輪のエンド金具を装着。エンド金具はサイクルショップ朝日で今日買えました。

ペダルも外しておきます。

動かないように各部を固定

ハンドルが邪魔でそのままでは入らないので、外してフレーム内に入れて、養生テープで固定。

その他、動いてしまうパーツも養生テープで固定。

ブレーキレバーも、畳んだ状態で固定。

チェーンはビニール紐でテンションかけて、ブラブラしないように固定。

スプロケット周りも、危ないし汚れそうな感じなので、プチプチで養生。

OS-500に入れる

見にくいですが、真ん中に車体、左右のポケットにタイヤを配置。

外したパーツやウェアなどは、リュックに入れて隙間に詰めます。緩衝材にもなります。

ヘルメットもやシューズ、フロアポンプも忘れずに詰めます。

完成

地獄のような重さかと思ったけど、車で運ぶ分には支障のない程度の重さです。そもそもロードバイクって車体が軽いしね。

まあそれでも、電車で運ぶとなるとキツそうです。

もうちょっと段ボールやエアキャップなどを駆使すれば、海外輪行もいけるかもしれません。(海外は扱いが荒いので不安だけど)

組み立て

意外と簡単でした。後輪外すのに慣れたので、車にもコンパクトに積めるようになったなー。輪行が捗ります。

まとめ

以前は安くてペラペラな輪行袋を使っていたんですが、OS-500は素材が肉厚なので、外部からの衝撃にもある程度強そうです。

かつぐにも、ベルトや取っ手があり、そんなに重さを感じずに済む点もメリット。

一方、自転車を取り出したあと、荷物としてかさばるのも事実。うまく畳んで何とか背負えるかどうか。コインロッカーなどに預けられるといいですね。

ともあれ、メインの輪行袋としては完全におすすめです。

created by Rinker
オーストリッチ(OSTRICH)
¥15,600(2018/09/19 13:24:17時点 Amazon調べ-詳細)
ひらたよしひろ

旅するノマドワーカー11年目。2児の子を持つ働き方改革ブロガー。日本〜アジア〜世界を行ったり来たり。WEB制作・開発/飛行機/マイル/ホテル/ビール/ワイン/ドラム/料理/筋トレ。世界を旅しながら暮らせる働き方。
プロフィールTwitterInstagramFacebook

ひらたよしひろをフォローする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↑クリックして貰えるとブログの更新意欲が上がります
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお知らせします。

関連コンテンツ



【無料】オンラインコミュニティやってます

「家族と共に、場所にとらわれない働き方、生き方(家族ノマド)を実現するためのビジネスアイデアや有益な情報、繋がりを提供するプラットフォーム」

参加は無料なので、お気軽に登録して下さい!

レビュー
ひらたよしひろ.com